鳩や蜂の害に汚染される前に駆除をしよう【NO被害で快適ライフ】

深刻にしない

シロアリを防止するためには

insects extermination

シロアリは、木材や動物の死骸などを主な食料としている昆虫で、アリのような形をしており身体が白いため、シロアリと呼ばれています。アリとは付いていますが、実際にはアリがハチ目の昆虫であるのに対してシロアリは、ゴキブリ目となっており、種類的には異なる昆虫です。シロアリと人間との関係としては、木造家屋などを食い荒らす害虫としての認識されています。シロアリは、湿気のある場所を好み、進入して木で出来た柱を食い荒らします。特に腐ってしまった木材や紙などは絶好の餌であり誘引する恐れがあります。しかし、シロアリは寒さや乾燥に弱いため換気などを行うことで、その繁殖を抑えることが可能ですが、そうでない場合には深刻な被害を受けることになります。

発生した場合の対処法について

シロアリが発生した場合には、薬剤などを使って駆除する必要があります。被害が酷くない場合には、ホームセンターなどで売られている毒エサを食べさせることで駆除する薬剤を使って駆除することも可能ですが、重大な食害にあっているような酷い状態には専門業者に依頼して駆除してもらう必要があります。業者に依頼した場合には、専用の薬剤を柱に注入して中にいるシロアリを根本的に駆除することができます。なお、シロアリ駆除の業者を選ぶさいのポイントは、公益社団法人日本しろあり対策協会の会員であることが、ひとつの目安となります。またシロアリは駆除したあとのアフターケアも重要なポイントになります。業者に依頼した場合の費用は坪単価あたり5千円以上が相場となっています。